やかんログ

盛大に旅行中

Page 2 of 1118

【世界一周】一路、ケープタウンへ

2019.03.19現在、17都市目なのですが、記事はまだまだやっと6都市目のケープタウンに到達した所です。

ビクトリアフォールズからヨハネスブルグ空港乗り継ぎで、ケープタウンに移動しました。
初のSouth African航空です。
ヨハネスブルグ乗り継ぎなのでスーツケースはがっつりラッピングしましたが、チェックインカウンターにて
カウンターの人「荷物はいったんヨハネスブルグ空港でピックアップしてくださいね」
私「え?ピックアップしないといけないんですか?」
カウンターの人「えぇ、パスポートコントロールとカスタム通らないといけないので。」

そうか、たった1時間半のフライトだけど、国際線だった。
プライオリティカードのおかげで栄養補給。

チェックインカウンターの所で、人の好さそうなぽっちゃり系アジア男子がいて、アジア人がいる・・・中国人でも韓国人でもない、でも旅慣れ感が日本人でもなさげだなぁ・・・と思った20代後半と思しき男子がいたのですが、この後、彼とはまた会います。

JNBのラウンジ、ブラウニーが美味しかった。

South African航空はごく普通にレガシー系の良い航空会社だったと思います。(2019.03.19現在、全てがライアンエアー比)お約束のように、離陸前に機内に殺虫剤振りまいておりまして、アフリカ外からの観光客は興味深々。

ヨハネスブルグからビクトリアフォールズへ向かう時の便では、入国カードを書いてる時に、隣に座ったカップルの白人女性から興味深々に日本から来たのかと声を掛けられまして、聞いた所、お二人は南アフリカ人だそう。南アフリカに滞在するのはビクトリアフォールズの後と言った所、ぜひ楽しんで!と言われました(・∀・)

そしてこの便では、通路挟んだお隣のイタリア人爺さまとお喋り。

そうそう、ここからしばらく、怒涛の中国人団体を見なくなりす。多少のグループならばいるんですけど。

そんなこんなでケープタウンの宿に到着。
翌朝イチで、ホステルの1階(隣?)のツアーデスクで、その翌日の喜望峰のツアーを申し込みました。


↓応援クリックして頂けますと、励みになります(・∀・)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ




【世界一周】マラリア対策【超重要】

ビクトリアフォールズの宿では、ベッドに蚊帳が付いておりました。
たぶん大概の所はついてるのではなかろうか。

ベッドには蚊帳付き

ちなみにビクトリアフォールズに離発着する飛行機は、クルーが必ず出発前に、機内にがっつり殺虫剤を散布しておりました。
ケープタウンの離発着はどうだったか忘れましたが、ヨハネスブルグからロンドンに向かう時もやってたはず・・・。
(離陸時は基本的に眠さのピークで寝てしまっている場合が多い。)

ビクトリアフォールズは、マラリア危険地帯です。
マラリアの危険度を塗った地図で見ると、真っ赤なエリアです。

こちらが渡航外来の先生に教えて頂いた、世界旅行をしている最中にマラリアに感染し、道半ばで亡くなられたご夫婦です。

先生「凄く楽しそうだよね。楽しかったんだろうね。でもこんなに若くて幸せなのに、亡くなったんだよ。」

というわけで、1じょう800円もするマラロンというマラリア予防薬を、現地入りする48時間前から、現地を離れて1週間後まで、毎日1錠飲んでおりました。合計12錠。
副作用がちょっと心配だったのですが、なんともありませんでした。よかった。
これがまた1錠がごっつい見た目とサイズなんだな・・・写真撮り忘れちゃった。

もひとつ、先生からの情報として、英語サイトですが渡航の病気対策についてはこちらのサイト、Fit For Travel が良いとの事でした。私は全く見る暇がなかったのはココだけの秘密ですが。

が、一番大切なのはとにかく蚊に刺されない事。
ウルトラソンという最強の虫除けをシャワー後からすぐ塗っておりました。

日本では薬事法に引っかかってダメだったディート30%の虫除けが、ちょうど売られるようになった所で、先生から、日本製ではこの辺がウルトラソン級の強さだとおすすめされました。

スプレータイプは服の上に振りまきました。

ただでさえ物価の高いビクトリアフォールズを楽しむために、裏で別途1万円以上の薬代と虫除け代がかかっておりましたが、きちんと楽しむためには必要経費です。
こういう所は、きちんとしないとですね~、完全に自己責任の世界ですからね~。


↓応援クリックして頂けますと、励みになります(・∀・)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ




« Older posts Newer posts »

© 2019 やかんログ

Theme by Anders NorenUp ↑